佐世保バーガー母ちゃんの日記

佐世保バーガーの店 『K’s BURGER』 を夫と2人 船越峠にある自宅の一角で始めた佐世保出身のバーガー母ちゃん。そんなバーガー母ちゃんの毎日を お店の様子もまじえながら 思うままに綴る日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ばあちゃんの優しさ

ワタシの実家 佐世保の初売りは とっても賑やかです


まだ暗い2時、3時にはお店が開いて

アーケード街は 人でいっぱいになります


バスだって 臨時で運行するくらいなんですよ


子どもたちは この初売りが楽しみで 

お年玉を握りしめて 毎年 早朝から・・・というより夜中かな

寒い中 出かけて行きます


でも 高校生くらいになると

この 『初売り』 に踊らされるコトもなくなり

本当に欲しいものを買うために お年玉をやたらと使わなくなるんです


ところが 我が家の長男 なんとテレビを買ったらしい


まあ 自分で買うなんて 珍しい・・・

バイト料も入ったし それで買ったんだろうな

やっぱり 家を出ると 自立するもんだな 

・・・と ひとりで感心してました


そしたら 今日 お義母さんから(ばあちゃんね)

『これ あの子に送ってやって・・・』 と お金を渡されたのです



あぁ・・・やっぱり


お正月早々 大蔵省のばあちゃんに半分お願いしてました


まあ いちお半分は自分が出すコトにしたみたいだから

ちょっとは成長したかな・・・とは思うけど

ったく ちゃっかりしてますよね  


お年玉は 別にしっかりもらってるんですよ


ばあちゃんは いつも 甘やかしてはいけないんだけど・・・とワタシに遠慮しながら

子どもたちによくしてくれます


でも そういう優しい気持ちは 本当にありがたい


うちは 2世帯住宅でしたが ほとんど干渉されるコトもなく 

子どもが小さい頃は 自分たちだけで育てた感じでした


だから 決してよく言う 『おばあちゃんっ子』 ではなかったのですが

そんな子どもたちも大きくなると

母親にはない ばあちゃんの優しさに癒されるようになって

うまく言えないけど 金銭的なコトや甘やかすとかそんなんじゃなく

ワタシもずいぶん助けられたような気がします


やっぱり ばあちゃんというのは大切な存在ですね


お義母さんは これまで たくさんの苦労をされたためか

とても強くて 優しくて そして 心が広いんです


ワタシには とても真似できません


まだまだ苦労が足りないんだろうな


だから どんなに辛いコトがあったって きっと自分の糧になる・・・と信じて

これからの人生頑張っていきたいです





メニューやお店へのアクセスなど 情報満載 K's BURGER のHPは こちら → 

  


ランキングに参加してます

ぜひぜひ ポチっとお願いします

      

広島ブログ























































スポンサーサイト
[ 2011/01/06 20:18 ] つぶやき | TB(0) | CM(10)
こんばんは(゜▽゜)/
今日、夕方来店したリンダです。
早速、夫婦でスペシャルバーガーんペロリといただきましたよ!母ちゃんとのトークは楽しかったです。
それより、お義母様が良い方で良かったですね。昔から、嫁vs姑は永遠のテーマみたいなものが言われていますけど、上手く関係を保つには、やはりお互いが一歩引いた距離感が大事なんだろうなと改めて感じました。→(うむ!納得っ)
あと、息子さんの日々の成長も母ちゃんにとったらやっぱり嬉しいものなのですね。私も、結婚して親から離れてみると、今までは近すぎてよく理解できなかったことも、親の有り難みとか少しずつわかってきたと思います。だから帰省した時には、親に対して落ち着いて話をしたりできるのかなと思います。そしてまた、子供が生まれたら一層、親の有り難みがわかるのかなって思っています。息子さんも母ちゃんの有り難みも口に出しては言わないけれど、きっと、感謝していると思います。
それでは、またバーガー買いに伺います(^O^)/
[ 2011/01/06 23:26 ] [ 編集 ]
コメント
大家族で育った人は優しいって、よく聞きますよね
可愛がってくれる人が周りに多いほど、優しい子に育つと聞いたことがあります

特に爺ちゃん・婆ちゃんからもらうものって、お金で買えない大切なものです

息子さまのお話・・ホントに嬉しいお話でした
今年は新年から嬉しいです

[ 2011/01/07 10:48 ] [ 編集 ]
おばあちゃん
私の父方の祖母はしつけに厳しい人でしたが、愛情が伝わってきました。92歳で逝きましたが、10年間寝たきりで母が介護しました。
時々里帰りしても、祖母のオムツを替えるのが苦になりませんでした。それは、子供の頃受けた愛情があるからだろうなと思います。
おばあちゃんって、ありがたいですよね。 
[ 2011/01/07 10:53 ] [ 編集 ]
思いやりもあって
家事全般がこなせて
学校の成績もほぼオール5という生徒がいたんです。

保護者面談のときに
どうしてこんなにいい子に育ったんでしょうと
お母さんにダイレクトに質問をぶつけたら、
心当たりがあるとすれば
小さいころ事情があって、ずっとおばあちゃんと二人で暮らしてたからじゃないかと
おっしゃってました。

言葉にはしにくいですが
何か大切なことを教えられるんでしょうね。

わたしは核家族でしたから
まあ、こんなもんですが(笑)
[ 2011/01/07 13:56 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
☆リンダ☆さま
昨日は 寒い中ありがとうございました
それから リンダさん判明して良かった!!
それから HNの由来もわかって良かった!!(笑)

そうですね
嫁vs姑というのは 永遠のテーマですが とにかく一生のお付き合いですからね
でも 相手を思いやる気持ちがあれば 
どんな相手でもうまくやっていけると思うんです
まあ ワタシはお義母さんがとってもいい人だったから良かったんだけどね・・・
そうそう 一歩引いた距離感大事ですよ
でも リンダさんももうすぐお母さんになられるとのコト
おめでとうございます
母親になるのは 大変なコトだけど それでも幸せなコトもたくさんあって・・・
あ~ 人ごとながら楽しみです♪
きっとリンダさんも これからもっともっとご両親の有り難みがわかると思いますよ
お身体には くれぐれも気をつけて下さいね
また お会いできるコト楽しみにしてます
今度はご主人もぜひ一緒にいらして下さいね♪








[ 2011/01/07 21:15 ] [ 編集 ]
Re: おばあちゃん
トントンままサマ
こんばんは♪
トントンままサンには そんなステキなおばあちゃんがいらっしゃったんですね
羨ましいな
ワタシは おばあちゃんにそういう感情がないので(あまり一緒にいなかったから)
おばちゃんの愛情というものに憧れがありました
だから 息子たちにはおじいちゃん おばちゃんの愛情をしっかり感じて欲しいと思ってます
息子サン お正月には帰って来られたんですね
いなきゃいないで何ともないんだけど 
今までいたのに ふといなくなると寂しいですよね
うちは この冬は帰らなかったので そんな思いをせずにすみました(笑)


[ 2011/01/07 21:23 ] [ 編集 ]
Re: コメント
cocoaサマ
そうそう・・・
たくさんの人に可愛がってもらうと優しい子になると
ワタシも聞いたコトがあります
うちは 広島の婆ちゃん、佐世保の爺ちゃん、婆ちゃんに
たくさんの愛情をもらってます
本当に幸せな息子たちです
だから cocoaサンのお孫さんたちもとってもお幸せだと思いますよ
あんなに可愛がってらっしゃるんですもの・・・
よく じじばばは 甘やかすとかイロイロと言われますが
いやいや いいと思いますよ
だって 子育ての大先輩ですからね
ワタシはそう信じてます
これからも楽しい孫育て!?頑張って下さいね♪


コメントの返事が前後してごめんなさい<m(__)m>
[ 2011/01/07 21:35 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
164goサマ
そうなんですか・・・
おばあちゃんというのは やっぱり人生の 子育ての大先輩です
長く生きてる分 いろんな経験している分
絶対に人間が大きいと思うんです(必ずとは限りませんが)
何を??と聞かれると うまく言えないけど
きっと 子どもたちには伝わるものがあるんだと思います
思春期の息子たちも おばあちゃんの存在にずいぶん助けられたような気がします
ワタシもそんなおばちゃんにならなくっちゃ!!

いやいや 164goサンは こんなもんじゃないですよ~
ホント温かくって ステキです♪
[ 2011/01/07 21:43 ] [ 編集 ]
息子さん
帰らなかったんですか・・・

それはそれで、ふと寂しいですよね。
息子のために、さんざん食事を作って、自分が太りました。

春休みは近いけれど、いつ帰ってくるのか・・・

今の部屋は不便だから引っ越したいというし・・・
まだまだ子供です。

敷毛布とあったかい上着食料を送りました。
送ったとたんお米が無いとメールしてくるし・・・

まだまだ母業は続きます。
これが幸せなんですね。
[ 2011/01/08 15:30 ] [ 編集 ]
Re: 息子さん
トントンままサマ
そうなんです
この冬は 佐世保の方へ帰省して あちらでゆっくりしたんですよ
友達が浪人しているので もうお正月はみんな遊んで場合じゃないし・・・
母はちょっと寂しかったんですけどね(-_-;)
そうそう うちもいまだにあれこれ言ってきて 母親業は続いてますが
それはそれで幸せなのかもしれませんね
春にはこちらに帰って来ると言ってるので 今から楽しみにしています☆

[ 2011/01/08 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。